はじめました!

by Kenta Shimojima : @shimojik

仮想通貨の取引は販売所ではなく取引所で!

アプリや販売所で売買すると、かなり割高...

仮想通貨の話をしていると、アプリや販売所で売買されている方が多いようです。
確かにアプリで売買するのは気軽で、僕も最初はそうしていたのですが...

めっちゃ割高なんですよね。。

仮想通貨を買う(売る)とは?

仮想通貨は、売る人の希望する金額と買う人の希望する金額が合ったときに売り買いが成立します。
例えば、1BTCを100万円だったら売ると言っている人がいるとします。
その一方で、99万9千円なら買うといっている人がいるとします。
この状態では売買は起こりません。

ここで売り手の方が、99万9千円で売ることに変えたとします。
すると、売り手と買い手の金額が一致するので、これで売買が成立するというわけです。

この個人同士の売買が基本の考えです。
この売買をする場所が「取引所」の方です。

その一方で、アプリや「販売所」の方は、売買の相手がそのサービスを提供している会社です。

  • ビットコインなどの仮想通貨は、小数単位で買えるので、1BTCが100万円だとしても、0.001BTCだけを1000円で買うということが可能です。

なぜアプリや販売所は割高なのか?

売買の基本は同じなのですが、アプリや販売所は、その会社またはサービスが決めた価格での取り引きしかできないんですね。
例えば、1BTC、100万円で売りますよ、買いますか?みたいな話になるわけです。

でも、取引所は個人でやり取りするのでそのときにその金額で売りたい人(買いたい人)がいるかどうかで価格が決まります。

f:id:shimojik:20171125153413g:plain

このように売りたい人の価格と、買いたい人の価格が釣り合っている、ちょうど緑と赤の境界線付近からどんどん取引が行われていきます。

さらに!!

さらに、取引所の大きなメリットは、買いたい価格(売りたい価格)を指定して注文しておけます。

例えば、いま1BTCが100万円だけど、90万円まで下がったら買おうということで、90万円に対して買うという注文をしておく。
その一方で、120万円まで上がったらいま持っているビットコインから一部売ろうということで、120万円に対して売るという注文をしておく。
ということができます。

これによって、ずっと価格チェックし続けなくても、チャンスを逃さなくなります。

じゃあ、取引所で!とはなりにくい...

それを聞くと「じゃあ、取引所で!」とすぐに移行したくなると思うんですが、仮想通貨の種類によっては取引所では扱われていない通貨が結構あるんです。

特にCoincheckとbitFlyerは今のところビットコインしか扱っていません。
その一方で、Zaifはモナコイン、イーサリアム、ネム、ビットコインキャッシュも取引所での売買が可能です。

今後どのサービスがどの通貨を取引出来るようにしていくか分からないので、僕は複数のサービスに登録して分散させて運用しています。

登録だけだったら、特にお金もかからないので、先に登録しておくのがおすすめです。
あー!!あっちにしかないのか!!という経験をしなくて済みますからね。
(僕はしました笑)

僕がいま使っているのはこの3つです。
まだ登録していないのがある方は、これを機にぜひ登録してみてはいかがでしょうか?:D

Zaif zaif.jp

Choicheck coincheck.com

bitFlyer bitflyer.jp